最適なソリューションの提供

IoT時代では数多くのモノが繋がるようになり、5G接続される末端デバイスの数は今後10年間で指数関数的に増加すると言われています。これにより、大規模なデバイスのメンテナンス、不安定な動作を低減することの必要性の高まり、コアシステムと末端デバイス間の情報フローの最適な優先順位付けの3つの課題が発生すると考えられています。

トランセンドのControl Centerは、多くのアプリやシステムと連携できるように作りこまれており、クラウドとローカルネットワークのデータをタイムリーに管理することで、IoT時代のあらゆる課題に対処します。これにより、潜在的な遅延やネットワークの負荷を減らし、セキュリティとモビリティを提供します。クラウドとオンプレミスのニーズに対してバランスの取れたアプローチを備えたControl Centerは、企業ユーザー向けの柔軟なソリューションです。

業務を効率的に管理
  • ダッシュボード
  • デバイスリスト
  • ファームウェア
  • 情報

整理された情報

監視情報をグラフィック形式でシンプルに表示しており、直感的なインターフェイスとレイアウトでデバイスを簡単に管理できます。

包括的なサポート

様々なトランセンドの組込みソリューションに対応しており、SSD、メモリモジュール、SDカード/microSDカードの関連情報が取得できます。


*SDカード/microSDカードの情報をControl Centerで確認するには、Windows OSとトランセンドの専用カードリーダーが必要です。

リモートアップデート

一元管理により、デバイスのリモートアップデート、パフォーマンスの維持・管理、効率的なメンテナンスを実現します。

リアルタイム監視

システム情報、ストレージ容量、ヘルスステータス、残り寿命を即座に確認できます。

トランセンドのControl Centerは、ストレージデバイス向けのSaaSソリューションで、ユーザーがサーバー、末端デバイス、IoT機器のストレージを監視・管理することを支援します。AWSやAzureで使用でき、MQTTプロトコルに対応するデバイスと互換性があります。また、WindowsやLinux OSで利用できるので、クラウドにアクセスするためのコストを削減でき、クラウド開発のためのハードウェアの制約を考える必要もありません。AWSやAzure Marketplaceを介することで、企業は手間をかけずにパブリッククラウドでControl Centerを使い、わずかなリソースで大規模のIoT資産を管理できます。更に、トランセンドは、IT開発者がアプリケーションをスムーズに実行するためのAWS/Azureのフレームワークも提供します。

主な特徴
SDK

多くのプラットフォーム環境にシームレスに統合することを可能にし、様々な要望に柔軟に対応します。

リモートでのアップデートやモニタリング

デバイスの状態をリモートで確認したり、ファームウェアのアップデートがリアルタイムで行えます。

早期アラート

電子メールやSMSでユーザーに異常を通知できるので、迅速なシステムメンテナンスやシステムの停止期間の短縮に役立ちます。

優れた柔軟性

クラウド経由だけでなく、ローカルネットワーク内の管理も提供し、収集されたデータは企業ネットワーク内にのみ保存されるので、セキュリティとプライバシーを向上できます。

セキュリティメカニズム

SSL証明書によって保護されており、Control Centerと末端デバイス間または末端デバイス同士のデータ転送が第三者に見られたり、手を加えられたりされないようにしています。アカウント名、パスワード、個人情報などの機密情報を入力した場合、データは信頼できる経路で伝達されます。

製品一例

トランセンドはご要望に応じてカスタマイズ対応もしております。詳細はお問い合わせください。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する