SCROLL

DrivePro™ Body:
designed to last

不測の事態を記録することができるウェアラブルカメラは警備員や救急隊員に欠かせない装備です。有用な映像を残すために、ブレ補正、暗闇での撮影能力、悪天候でも使用できる防水性などがカメラの選定に重要です。

セキュリティ

 

救急サービス

 

建設

 

証拠収集

 

イメージセンサ

搭載イメージセンサによって画質が決まります。イメージセンサの性能が高ければ、より多くの光を感知し、よりクリアな映像を記録できます。トランセンドのDrivePro Body 30にはSony製のイメージセンサに加え、撥油コーティングされた強化ガラスで指紋が付くのを防ぎます。

Sony製イメージセンサ

6層レンズ

撥油コーティングの強化ガラス

赤外線LED

赤外線は、電波と可視光線の間にある裸眼では見ることができない光で、夜間や暗闇での撮影を可能にします。一部のメーカーが850nmの波長を利用しているのに対し、DrivePro Body 30には940nmの波長を採用しており、イメージの変色を低減しています。

ブレ補正

ウェアラブルカメラは身に着けて撮影するため、映像のブレが問題になります。ブレを低減するためにジャイロセンサが広く使用されています。DrivePro Body 30は6軸MEMSセンサを搭載し、水平および垂直方向のブレを抑えています。

ワイヤレス・コントロール

ワイヤレス通信機能を備えたウェアラブルカメラは、モバイル機器からアクセスして記録したばかりの映像を確認することが可能です。トランセンドはBluetooth Low Energy (BLE)で消費電力を抑え、Wi-Fiでデータ転送を行っており、DrivePro Body 30はセットアップとモードの切り替えにBluetoothを、データの転送やライブストリーミングにWi-Fi接続を利用しています。

  • Bluetooth
  • Wi-Fi
  • ホーム
  • 設定
  • ライブビュー

丈夫な外装

ウェアラブルカメラの開発において、材質の選定は重要です。トランセンドのDrivePro Body 30の場合、IP67に相当する防塵・防水性を備えていることを第三者機関で確認しており、筐体には摩耗に強いポリカーボネート繊維複合材を使用しています。また、米軍落下試験規格相当の耐衝撃性や-20°Cから65°Cでの動作を保証するための温度試験を実施しています。

  • 温度試験
  • ポリカーボネート繊維複合材
  • 第三者機関認定

ストレージ

製品の外装と同様に、映像を記録するためのストレージメディアもウェアラブルカメラにとって重要です。トランセンドのウェアラブルカメラには組み込みグレードのeMMCや高耐久メモリカードを採用し、どちらのソリューションにも厳選したNANDフラッシュを使用することで優れたパフォーマンスと耐久性を提供しています。

アタッチメント

ユニフォームが目的に合わせてデザインされるように、ウェアラブルカメラも用途に合った方法で装着できるよう様々なアタッチメントを用意しています。DrivePro Bodyは撮影しながらアングルを変えられる360°回転クリップ、着脱が簡単なマジックテープホルダー、しっかりと装着できるマグネットマウント、タクティカルベストに取り付け可能なMOLLEマウントを使用して装着することができます。

  • 360°回転クリップ
  • マジックテープホルダー
  • マグネットマウント
  • MOLLEマウント

ご使用の機器の仕様に適合した製品を検索できます。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する